今、今、今、

『今に向き合う』それしか無い
今ある現実のどこをフォーカスするかは、自分で選べる
選べる自由がある事を忘れないで!!